Zvonimir Boban

サッカーは戦争だなどというヤツは、本当の戦争を知らないんだ。

─1998年、W杯での発言

私は100人の政治家に出来ない事が出来る。

誰でも、代表で戦うのをやめたくはない。だからキャプテンである自分が先例になる。今のクロアチアには、若い力が必要なんだ。

ズヴォニミル・ボバンZvonimir Boban1968年10 月8日 - )は、クロアチアイモツキ出身の元サッカー選手。ポジションはミッドフィールダーレジスタ)。現在は、サッカー解説者を務めている。

ユーゴスラビアの名門クラブ、ディナモ・ザグレブでプロデビューし、18歳にしてキャプテン を務める。1990 年5月13日クロアチアセルビアの対立を背景にしたディナモ・ザグレブ対レッドスター・ベオグラードの試合で、セルビア側の警官隊と乱闘を起こし、9ヶ月間の出場停止処 分を受け、ワールドカップ・イタリア大会を棒に振る。1991年、 謹慎が解けると才能を見込まれてセリエAACミランへ入団。1年間バーリへレンタル移籍した後、ACミランの主力選手として活躍し、冷静な戦術眼でチームを牽引したが、度々外国籍枠に悩まされた。

ユーゴスラビアが解体し、クロアチア代表として臨んだUEFA欧州選手権1996ではベスト8に進出し、褒賞金を孤児の教育費や戦火で荒廃した故郷の 復興費にあてた。またワールドカップ初出場となった1998年ワールドカップ・フランス大会では日本と同じH組に入り、グループリーグ突破と3位入賞に貢献した。