ビッグになるなら、イタリアだね。(フィリップ・メクセス)

─オファーの噂が絶えないオセール時代のコメント

フィリップ・メクセスPhilippe MEXÈS1982年3 月30日 - )はフランストゥールーズ出身の同国代表サッカー選手。ポジションはディフェンダー

17歳の時にAJオセールでプロデビュー。早くから「ブランの再来」として将来を嘱望され、各年代の代表に選出されるが、近年は伸び悩んだ時期があり、所属するASローマでの初めてのシーズンでも軽率なミスが絶えず、控えが定位置となる。しかし、ローマでの2年目に就任したルチアーノ・スパレッティ監督の下で成長をみせ、現在ではローマでは替えの効かない主力選手として 君臨している。2006年ドイツワールドカップには出場できなかったものの、オセール時代の相棒ジャン・アラン・ブームソンと共にフランス代表のディフェンスラインを担う選手として期待されている。