Peter Schmeichel

こんなストーリー、アンデルセンでも書けない!

─ユーゴスラビアが内戦により参加禁止となったEURO92に、代替出場したデンマークが優勝して

チームメイトというだけでなく全員が良き友人であった。

─02年日韓W杯、デンマーク代表の強さの秘訣を尋ねられ

ファインセーブをするのがいいGKとは限らない。DFに的確に指示し、あらかじめいいポジションをとっておくことのほうが大事だ。

俺ひとりで守るにはゴールは広すぎる。

ピーター・ボールスロウ・シュマイケル MBEPeter Boleslaw Schmeichel MBE、ペーデル・ボ レスラフ・シュマイヒェル、 (IPA: [pʰeːd̥ɐ̥ boːlɛslɑʊ̥ smɑːɪ̥g̊l̩]、1963年11月18日 - )は、デンマーク出身のサッカー選手。ポジションはゴールキーパー

リカルド・サモラレフ・ヤシンゼップ・マイヤーディノ・ゾフ、らと共に20世紀最高のGKの1人に挙げられる。愛称は“白い巨人”。190cmを越す巨漢で、ゴールエリア外に飛び出すプレーはあまり得意ではないが、ゴールライン上での圧倒的な存在感を放ち、ハイボールや至近距離からのシュートに抜群の反応を見せた。特に、相手ストライカーとの1対1の場面では類まれな勝負強さを発揮し、相手がシュートやフェイントをかけるまで両足をずっと地面につけたまま決して動こうとしなかった。これは先に動いた方が負けという信念を持っており、そして最後までボールの動きをじっくり見るためであった。

マンチェスター・ユナイテッドでは1991年から8 年間プレーし、リーグ5回、FAカップ3回、チャンピオンズリーグリーグカップを1回ずつ獲得した。特に所属最終年の1999年にはキャプテンとして三冠(トレブル)を果たした。マンチェスター・ユナイテッドのGKとして圧倒的な存在感を放っていたため、彼が退団した後のマンチェスター・ユナイテッドはファン・デル・サールが移籍してくるまで彼の後 継者選びに苦しむことになった。