Pele

サッカーは魔法を使って、すべての人々を夢中にさせる。

ボールは丸い。

ペレを目指すより、最高の自分を目指せ。

成功は偶然の出来事ではない。勤勉、忍耐、練習、研究、謙虚、そして何よりも愛情が必要である。

世界で一番いいFW?自分。世界で一番いいMF?自分。世界で一番いいDF?自分。世界で一番いいGKは?と聞かれても、自分と答えるよ。

神に感謝します。私のためにこんなに楽しいスポーツを創ってくれたのだから。

泣かないで、お父さん。僕が大きくなったら、ワールドカップを取ってあげる。

人生のどのような場面でも、人間は一人では活動できない。

私たちは常にあるチームの一員であり、皆がそれぞれの役割を持っており、それぞれに重要である。

チームを愛していると公言し、エンブレムにキスをする選手たちを見てきた。だがその選手が翌年は別のチームで同じことをする。

つまり金を払ってくれる所ならどこでもいいわけだ。そんなことは私がプレーしていた時代にはなかった。

たとえ親類の誰かが死にかけても、ワールドカップをとる。

厳しい戦いであればあるほど、勝ったときの喜びは大きいもんさ。

サッカーは暴力によって汚された。

みなさん、この言葉を3回繰り返してください。

Love-Love-Love.

─引退試合で残した言葉

愛だ。スポーツにも政治にも、いや人間が生きていくのに最も大切なものは愛だ。

─引退試合後に、あなたが一番大切にしてきたものは?と聞かれ

ペナルティキックを得ようとするのは、点をとるための最も臆病な方法だ。

私の父は一試合でヘディングで5得点を挙げたことがあります。これは私が破ることのできなかった記録です。

素晴らしい。私もうれしいよ。ただし、私の記録にはまだ282点足りないがね。

─ロマーリオが1000ゴール達成したことについて感想を求められて

ペレことエジソン・アランチス・ドゥ・ナシメント(Pelé, 本名:Edison Arantes do Nascimento, 1940年10月23日 - )は、ブラジルミナス・ジェライス州トレス・コラソンエス出身の元サッカー選手アフリカ系ブラジル人

生涯で1281ゴールを記録するというその実績から、「20 世紀最高」、あるいは「サッカー史上最高」と評される選手。「サッカーの神様」、「サッカーの王様」 と称される。

171センチと小柄であるが身体能力が抜群で、バランス感覚に優れ自身より大柄な相手ディフェンダーの激しいタックルにも当たり負けしなかった。ペ レのプレースタイルは、「パーフェクトバランス」という言葉に集約される。

また、小柄ながら並外れた跳躍力で打点の高いヘディングも得意としており、さらに100メートルを10秒台で走る俊足を持ち合わせているなど、サッ カー選手に必要な全ての才能を持ち合わせていた。その一方で、自分勝手で傲慢なプレーに走ることは決してなく、自らのゴールを減らしてでも周りの選手の能 力を最大限に引き出す献身的なプレイヤーでもあった。

しかし、ペレの出来がチームに与える影響は計り知れないものがあり、そのため相手チームに「ペレさえ止めれば」が「ファウルでしか止められない」と いう脅威と重なって現役を通じて悪質なファウルに悩まされることになった。

華麗かつ献身的なプレースタイルとその輝かしい実績により、現在も世界的に賞賛と尊敬を集めている。自らの実力に絶対の自信を持つヨハン・クライフですら「彼は理論を越えている」と賞賛を惜しまない。