Mateja Kezman

練習、とにかく練習することだ。

ピッチで生き続けるために頑張った。ピッチで石を見た、ナイフを見た、すべてを見た。

─トルコ、フェネルバフチェ所属。世界で最も危険なダービーと恐れられているイスタンブールダービー(ガラタサライ対フェネルバフチェ)はいつもファンが荒れて、ありとあらゆるものが投げ込まれる。

マテヤ・ケジュマンMateja Kežman, 1979年4 月12日 - )は、セルビアベオグラード出身のサッカー選手パリ・サンジェルマンFC所属。元セルビア代表。ポジションはFW

パルチザン・ベオグラードユースに入団後、ユーゴスラビア(当時)のクラブチームを転々とし、1998年に 古巣パルチザン・ベオグラードに復帰。翌シーズンに28得点を挙げて得点王に輝き、オランダPSVアイントホーフェンへ移籍を果たすと24得点を挙げる活躍で再び得点王を獲得するとともに リーグ優勝に貢献。代表にも招集され、2000年5 月25日中国戦で代表デビューを果たし、EURO2000にも出場した。 PSVアイントホーフェンではオランダ代表ファン・ニステルローイからスタメンの座を奪った。