Marc-Vivien Foe

この試合は、たとえ死んでも勝たなければならない。

─ハーフタイムにこのような檄を飛ばした彼は、後半心臓発作を起こし倒れ、そのまま帰らぬ人となった

マルク=ヴィヴィアン・フォエMarc-Vivien Foé, 1975年5 月1日 - 2003年6 月26日)は、カメルーン出身の元サッカー選手。ポジションはMF

フォエのプロとしてのキャリアは、カメルーンリーグのキャノン・ヤウンデから始まった。1994年ワールドカップ・アメリカ大会カメルーン代表として出場し世界に存在をアピールしたフォエは、フランスリーグ・ディヴィジョン1RCランスへ移籍し、1998年に はリーグ優勝を経験している。当時マンチェスター・ユナイテッドが彼の獲得に興味を示 していたが、フォエは脚の故障に見舞われてしまい移籍は実現せず、ワールドカップ・フランス大会にも出場できなかった。回復後の1999年イングランド・プレミアリーグウェストハム・ユナイテッドに移籍した。

2000年、 フォエはオリンピック・リヨンに移籍し、フランスへ復帰。この年マラリアに感染するも回復し、フランスリーグカップを制した。翌シーズンには再びリーグ優勝を果たしている。その後マンチェスター・シティにレンタル移籍し、再びイングラン ドでプレー。2003 年に移転する前のホームスタジアムであったマイン・ロード・スタジアムでの最後のゴールを決めるなど活躍した。

2003年6 月26日、フォエは、かつて在籍していたオリンピック・リヨンのホームスタジアムで行われていたFIFAコンフェデレーションズカップ2003準決勝、カメルーン対コロンビア戦の試合後半(後半27分=試合開始から72分)に心臓発作で倒れ、迅速な処置も空しくそのままピッチ上で永眠。28歳の若さだった。