Gianluigi Buffon

サッカーは実に単純だ。俺がシュートをすべて止めれば負けることはない。

俺は自分が世界最高のGKだと思ったことはない。自分に対し常にもっと頑張れと言い続けてきた。

GKの敵は「相手FWの名前」じゃない。あくまでGKが止めるべきは「ボール」のみ。ボールの動きだけに集中する。ただそれだけのこと。

何者も、いかなる事態も恐れることなくフィールドに立つだけだ。

韓国の選手は本当に速いね。あまりに速くて、走ってる途中で転んでしまうんじゃないかと思うくらいだよ。

ジャンルイジ・ブッフォン(Gianluigi Buffon, 1978年1 月28日 - )は、イタリアカッラーラ出身の同国代表サッカー選手。ポジションはGKセリエAユヴェントス所属。

日本においてはブフォンと表記されることもある[1]。 愛称ジジ(Gigi)。ジュリオ・セザルイケル・カシージャスらと共に世界最高のGKと称される。

下部組織入団からわずか4年でネビオ・スカラ監督によってACパルマのトップチームに昇格。その時ブッフォンはまだ17歳だった。1995年11月19日ファビオ・カペッロ監督率いるACミラン戦でセリエAデビュー(17歳9ヶ月)。その試合でこの年のバロンドールを受賞するジョージ・ウェアの至近距離からのシュートを顔面でセーブするなどスーパーセーブを連発し、0-0の引き分 けに貢献した。結局、このシーズンは9試合に出場した。