Gianfranco Zola

PKよりFKの方が簡単だ。(ジャンフランコ・ゾラ)

─現役時代、FKの決定力の高さについて聞かれて

シンプルに考え、シンプルにプレーする。みんなサッカーを難しく考えすぎているんだ。

シンプルであることが、より天才的だ、ということが忘れられているんじゃないかな。

小さい頃も小さかったよ。

─「小さい頃はどんな子供でしたか?」と聞かれて

ジャンフランコ・ゾラ OBEGianfranco Zola1966年7 月5日 - )は、イタリアサルデーニャ州オリエーナ出身の元サッカー選手。選手時代のポジションはMFFW。愛称は「サルデーニャの魔法使い」「マラゾーラ」「マジック・ボックス」。2008年9月からウェストハム・ユナイテッドの監督を務めている。

彼が最も真価を発揮するのは、マラドーナから直接教わったというゴール前でのフリーキックである。ペナルティエリアのライン直前(ゴールからの距離が最も近い位置)からです ら、相手ゴールキーパーが一度逆方向に振られるほどに曲がりが鋭く、まるで切れていくかのような曲がり 方をする。世界最高の名手との呼び声も高い。

PKよりもフリーキックのほうが簡単」という言葉は、長年ゾラの発言とされ、フリーキックが得意なことを象徴するものとして、よく紹介されていた。しかし、2007年のインタビューで「PKを続けて外した一方でフリーキックを何本か決めていた時期に、『PKを蹴るときもフリーキックの壁が欲しい』とコメントしたのが、本当の内容だ」と語っている。[1]