George Weah

アフリカンがヨーロッパで成功するのは難しい。

白人がメルセデスに乗っていれば成功者だと思われるが、黒人がそれに乗っていれば麻薬のディーラーだとしか思われない。

リベリアは大変な苦労をした国だが、私がフットボールで成功したことが微かな希望となった。

ジョージ・マネー・オポング・ウスマン・ウェアGeorge Manneh Oppong Ousman Weah1966年10 月1日 - )は、リベリアモンロビア出身の元同国代表サッカー選手。

バロンドールの規定が改定されて最初の年である1995年にFIFA最優秀選手欧州最優秀選手を受賞。ゴールキーパーを含めたほとんどのポジションをこなす。高い身体能力とゴール決定力を誇り、ACミラン時代のラツィオ戦では一人スルーパスからゴールを決めたことも有名。また、96~97シーズンの開幕戦で自陣ペナル ティエリア付近から約80メートルを相手ゴール前まで単独でドリブル突破した上でゴールを決めた際、翌日の地元紙は「サンシーロにUFO出現」の見出しを掲げた。息子にジョージ・ウェア・ジュニアがおり、1995年か ら父親の様にプロのサッカー選手になる為にスタートしている。2004年にACミランプリマヴェーラと契約し、2008年スイスCSロモントイズと契約し、2010年に もFCウォーレンに契約する予定でもある。また以前U-20アメリカ代表もやっていた。

内戦で傷ついた祖国リベリアの為にジョージ・ウェア基金を設立するなどしてリベリアのユニセフ親善大使も務めている。(立候補の際、規定により一時的 に大使を辞めている[1]