George Best

俺は莫大な金を、酒と女と車につぎ込んだ。残りは浪費した。

─華やかな生活ぶりを聞かれて

最高のレベルを極めるには、即興で作られる芸術が必要。

あの時、私よりうまい奴はいなかった。

私が7人のミスワールドと寝たという噂があるが、そんなことはない。3人だけだ。

ミスワールドと寝ることと、リバプール戦でゴールを決めること、どちらか一つ選べと言われてもそれは難しい。

だが幸いにして、私はどちらか一つを選ぶ必要はなかった。両方やったからね。

チェルシーのディフェンスくらいゆるゆるだったぜ!

─ファンから「昨晩の女はどうだった?」と声をかけられて

ガスコインのユニフォームの背中には10と書かれている。最初はポジションを表しているのかと思ったが、後に知能指数であることがわかった。

ジョージ・ベストGeorge Best1946年5 月22日 - 2005年11月25日)は、イギリスベルファスト出身の元北アイルランド代表サッカー選手。ポジションはフォワード(ウイング)。マンチェスター・ユナイテッドの伝説的ドリブラー。 その容姿から愛称は『エル・ビートル』(5人目のビートルズ)。ボビー・チャールトンデニス・ロー等と共に1960年代に一時代を築いた。

北アイルランドの貧しい労働者階級の家庭に生まれる。小学校では算数と英語の成績が良く、クラスでひとり離れた場所の上級学校へ進み、そこにサッカー部が なかったため9か月間ラグビーに励んでいる[1]1961年15 歳でマンチェスター・ユナイテッドの下部組織に入団し17歳でトップチームデビュー。在籍した11シーズンでリーグ優勝2回、1967-68シーズンには 28得点を挙げ得点王に。同年、1958年ミュンヘンの悲劇からのチームの復活を宣言するチャンピオンズカップ制覇の大偉業をボビー・チャールトンと共に成し遂げ、1968年バロンドールを受賞する。キーパーまで抜き去ってしまうドリブル、絶妙のループ・シュートなど、トータル・フットボール以前のフォワードらしいフォワード として誰もが認める存在。また試合中に突然靴を脱いでパスをする茶目っ気(審判の判定に対する抗議とも言われる)や、愛らしい笑顔で女性をとりこにしてし まうキャラクターでテレビにも引っ張りだこになるなど、英国においてアイドル的人気を誇り、彼を歌った曲まで発売された。

2005年11月25日、ロンドンの病院にて移植後の免疫抑制剤から来る腎臓の感染症が原因の多臓器不全で死去[2][3][4]。 59歳だった。逝去後のイングランドで行われたリーグ戦、カップ戦全ての試合(下部組織含む)で試合前に1分間の黙祷(あるいは拍手) が捧げられ、故郷ベルファストでの葬儀(12 月3日)には10万人もの市民が参列した。葬儀では彼の愛息カルム・ベストが「さよならは言いません。また会おう、ベルファスト・ボーイ」と語りかけ、人々の涙を誘っ た。