Franco Baresi

プロフェッショナルになるとは、どういうことか。常に考え、忍耐し、実行し続けることだと思っている。

マークできないような選手が現れたとき、私はサッカー界を後にするよ。

苦しくなった時いつも私のそばにミランがいた。

将来、ミランの選手になろうがなるまいが、そんなことは関係ない。

ミランのユースで育ったものには、どこへ行っても人として、選手として立派であってほしい。

フランコ・バレージFrancheschino "Franco" Baresi1960年5 月8日 - )は、イタリアの元サッカー選手

イタリアカルチョ界を代表する名ディフェンダーとして、1980年代から90年代にかけて活躍。その現役生活のすべてをACミランに捧げた。ACミランで長年彼が背負った背番号「6」は、引退後クラブの永久欠番となっている。

2007 年現在は同クラブのヴェレッティ(19歳以下のユースチーム)で後進の指導にあたっている。

実兄のジュゼッペ・バレージ(Giuseppe Baresi)も元インテル所属、家族は妻と長男の他に、養子が一人いる。元イタリア代表のサッカー選手。

冷静ながらも、内に計り知れない情熱をもったジョカトーレ。DFラインを統率しながら後方から味方を鼓舞しクラブ、はてはイタリア史上最高のキャプ テンと称される。

身長176cmと体格や身体能力に恵まれている訳ではないが、駆け引きに長けており、間合いの取り方、ストライカーのスピードを殺すなどマークの仕 方などが巧みであった。1対1にも強かったが、仲間を指揮して相手のボールの出所を封殺する。そのため、選手の調子で守備力が左右されないことから、彼の 所属したチームは非常に安定した守備力を誇り、当時ACミランで提唱されたゾーンプレス・システムの要だった。年を重ねても瞬発力の衰えをまったく感じさ せないプレーを引退まで続けていた。

94年の米W杯決勝では大会中に怪我をし、その怪我をおして舞台に立ったにもかかわらず、大会最強のツートップと言われていたブラジルのベベットと ロマーリオを封殺した上に、機を見てオーバーラップをかけてブラジルゴールを狙うなど、戦略眼の優れた選手だった。