Dragan Stojkovic

才能なんて、その後の生き方次第で変わってしまう。

─少年時代について聞かれて

10番は完璧でなくてはならない。

モチベーションを維持した選手が大勢いるチームは、勝つ確率が高い。

試合前に誰かが「さあ、気合を入れて頑張ろう」と言う前から、僕はモチベーションを最高の状態にしているけどね。

スポーツの基本は美しさと豪快さだ。

ユーゴの評判が悪いって?サッカーはやってみないと何が起こるかわからない世界だよ。行ってからのお楽しみだと僕は思っている。

我々とクロアチアの選手が再び同一のチームで戦えば、アルゼンチンとブラジルの連合軍でも私たちには勝てないだろう。

私たちは、かつて同じ国に属していたんだから。

この7年間、日本サッカー界に何かを残したくて全力でプレーしてきました。

何を残せたのか私にはわかりませんが、みなさんの心の中に残っているものが、私が残せたものだと思っています。

ドラガン・ストイコビッチセルビア語: Драган Стојковић - Dragan Stojković1965年3 月3日 - )は、ユーゴスラビア(現・セルビア共和国ニシュ出身のサッカー選手。ニックネームは「Pixyピク シー)」。現役時代はユーゴスラビア代表として活躍。ユーゴスラビアサッカー界の英雄の ひとり。

Jリーグ名古屋グランパスエイトに約7年間在籍し、外国人のJリーガーとして長く活躍した。そのため、日本人 にとってもなじみが深い選手のひとりでもある。

現役引退後はセルビア・モンテネグロサッカー協会会長を経て、レッドスター・ベオグラード会長を務める(2007年10月12日辞任)。その他にも名古屋グランパスエイトのアドバイザーや、日本外務省の委嘱で西バルカン平和定 着・経 済発展のための「平和親善大使」を務めている。2008年よ り名古屋グランパス監督に就任。

1965年 3月3日、ニシュに生まれる。1981年に は地元クラブ、ラドニツキ・ニシュに加入。1983年にはプロ契約へと移行し、プロとしてのキャリアをスタートさせた。1984年、 弱冠19歳にしてEUROフランス大会に出場したユーゴスラビア代表に選出され、これが彼の国際大会デビューと なった。対フランス戦ではPKによってゴールを決め、当時のユーロ最年少得点記録を更新する。この記録はEURO2004にてルーニーに更新されるまで破られることはなかった。同年開催されたロサンゼルスオリンピックにも出場し、ユーゴスラビア代表の銅メダル獲得に貢献する。