David Beckham

4年前よりはいい気分だ。

─02年W杯でアルゼンチンに勝利して

誰がPKを蹴るのか聞いてみたんだ。するとマイケル(オーウェン)が「僕かディビッドだよ」と言ったので、「蹴らせてくれ」と言ったんだ。

努めて息をしようとした。なぜって、本当に呼吸が止まりそうだったから。

─02年W杯アルゼンチン戦のPKの場面を振り返って

何度でも蹴る。俺のメンタリティーは勝つまで前進だ。

─EURO2004のフランス戦でPKを止められて

戦争とサッカーは別物だ。僕が考えているのは、親を失った子供、子供を失った親のこと。そのような人たちの力になってあげたいと思う。

サッカーの試合に勝つことで彼らに微笑みを与えることができるのなら、ぜひともそうしたいと思う。

もし誰かがシーマンをスケープゴートにしたら、それは完全に彼の名誉を汚す行為だ。あれは彼のせいではなかった。

彼はベストGKのひとり。ワールドクラスのGKだ。

─02年W杯ブラジル戦で、FKで得点されたことについて、GKのディビッド・シーマンをかばって

ファギーは僕が今までプロになって仕事をした最高のコーチだ。ええと、まあ実際彼以外のコーチと仕事をしたことは無いんだけど。

とにかく、彼は僕が今まで仕事をした最高のコーチだ。

─マンチェスター・ユナイテッド時代のコメント

50万人の前でプレイするより、ここで50人に教える方が神経を使うよ(笑)。

─記者たちにFKの蹴り方を教えた時のコメント

確か算数だったと思う。でも僕が学校で習ったのとは全然違うんだ。「何てこった、解けないよ」っていう感じだった。

─当時6歳になる息子・ブルックリンから学校の宿題を手伝って欲しいと頼まれて

デイビッド・ロバート・ジョゼフ・ベッカム OBE[2]David Robert Joseph Beckham OBE1975年5 月2日[3] - )は、イギリスイングランド出身のサッカー選手セリエAACミラン所属。ポジションはミッドフィールダーイングランド代表にも選出されている。

1998 FIFAワールドカップ決勝トーナメント1回戦のアルゼンチン代表戦、シメオネに報復攻撃を加え退場処分となり[79]、 また、チームもPK戦の末に敗退したこともあり、「10人のライオンと1人の愚かな若者」という標語をつけられ、戦犯としてメディアを含め多くの批判を浴 び、ベッカムは死の脅迫をも受けた[80]

ベッカムへのファンによる批判がピークに達したのが、2-3で敗れたEURO2000ポルトガル代表戦(ベッカムは2得点を演出した)である。サポーターは試合を通してベッカムにブーイ ングを浴びせ続けたが[81]、 ベッカムはそれに対して右手の中指を立てて応えた。その行為もまた非難されたが、かつて彼を批判していた新聞社は読者に対し、もうベッカムを批判するのは止めるようにしようと求めた[82]

2002 FIFAワールドカップ初戦のスウェーデン代表戦に出場を果たし、アルゼンチン代表戦では、PKからゴールを決めた。イングランド代表は準々決勝でブラジル代表に敗れ、ベスト8で大会を後にした。