もし判定を誤ったとしても、そのミスと共存することが必要だ。(ピエルルイジ・コッリーナ)

─引退後に出版された自伝より

ピエルルイジ・コッリーナPierluigi Collina1960年2 月13日 - )は、イタリアボローニャ出身のサッカー審判員である。また同時にボローニャ大学経営学部および法学部を卒業しておりファイナンシャル・アドバ イザーとしての顔をも持つ。

スキンヘッド(極度の脱毛症のため、顔面の一切の毛がない)と鋭い目つきが印象的なサッカー界では有名かつ存在感のあるレフェリー。イタリア語英 語スペイン語フランス語に堪能で、的確なレフェリングは一目置かれ、サッカーの大一番の試合で笛を吹くこともしばしば。世界 中 のサッカーファンの間では「世界一のレフェリー」との呼び声も。