Roberto Mancini

サッカーの美しさ、それは驚きを与えるプレーに尽きる。

─2006年、理想のサッカーについて聞かれて

サッカーは世界で一番楽しいことだと思っています。だから、自分がもう現役じゃないのがとても悔しい。

サッカーをする時は、何よりもまずプレーを楽しむことが大事。

どんな仕事でもそうだけど、サッカーというのは、仕事であると同時にひとつの楽しみなわけですから。

毎日の練習も、それを楽しめなければ、100%の力を出すことは難しい。

ロベルト・マンチーニRoberto Mancini1964年11月27日 - )は、イタリアアンコーナイェージ出身の元サッカー選手、サッカー指導者。プレミアリーグマンチェスター・シティFC監督。現役時代のポジションはMFまたはFW。息子のフィリッポもプロサッカー選手。

オフェンスの才能を有し、シュートは勿論の事、パスにも非凡な能力を発揮。サンプドリア時代にコンビを組んだジャンルカ・ヴィアリとのコンビネーションは当時のセリエA随一と言われた。

記憶に残るゴールとしては、サンプドリア初スクデットを獲得したシーズンにナポリ戦であげたアクロバティックなゴール、ラツィオでスクデットを獲得したシーズンにパルマ戦であげた「足裏ゴール」である。