Miljan Miljanic

監督は1日25時間、サッカーについて考える。サッカーの奴隷になることだ。

監督に専門的な知識がなければならないのは、いうまでもないことだ。しかし、その知識があるだけでは足りない。

監督はその豊富な知識で全選手を圧倒するのだ。

トップレベルのコンペティションは、一瞬のハプニングがすべてを台無しにしてしまうことさえある過酷な世界だ。

そんな時に監督が動揺していたら、選手は普段の半分も力を出すことができないだろう。だから監督には経験が必要だ。

監督とは、全ての人にボスとして認められる存在である。

選手、スタッフ、ファン、メディア、全てのサッカーを取り巻く人々から信頼されるボスでなくてはならない。

現在最高の監督であっても10年後にはそうではない。これから新しいサッカーを創造していく者こそ、最高の監督と言えるでしょう。

Jリーグなどのトップチームはともかく、ユース以下の育成段階でのコーチは絶対に日本人がやった方がいい。

花に水をやるのは外国人でもいいが、日本の土に種を撒いて育むのは日本人であるべきだ。