Marcello Lippi

私がナンバーワン監督?私は単にナンバーワンチームの監督に過ぎない。

人は代われど組織は変わらず。

我々は機械ではない。

─どんな戦術で戦うのかとしつこく聞かれて

ジダンはジダンとして使う他ない。

私はまず我々は敵に勝てる、という態度を崩さないようにしています。

監督である私が、戦う選手たちに不安を見せてしまったら、指揮官としては失格だからです。

絶対にあきらめるな。俺たちは、ユベントスなんだ。

マルチェロ・ロメオ・リッピMarcello Romeo Lippi1948年4 月11日 - )は、イタリア共和国トスカーナ州ルッカ県ヴィアレッジョ出身のサッカー監督。 現イタリア代表監督。

自身が影響を受けた監督にアリゴ・サッキファビオ・カペッロの名を挙げており、監督初期はサッキの相手を圧倒する両翼を駆使した攻撃型のチーム作 りに没頭したが、その模倣が現有戦力では完全に至らないことを悟り、徐々にそのなかにカペッロ的な要素を組み込んだとしている[1]。 そして、あえて言えば、カペッロを国(イタリア)の伝統主義者、サッキを革新主義者と位置付け、これを考えたとき、「私が生きているのはイタリアである事 実を改めて思い知らされた。いかにサッキの革新性に惹かれようとも、根柢にはイタリア伝統のイデオロギーが濃く流れている。だからこそ、最後にはやはり守 備重視の戦術へと帰結したのだ。」と語っている[1]

また自身が考えるスペクタクルとは組織としての柔軟性を指すとして、バランスの重要性がカギとして浮かび上がるのは必然とのことである[1]。 リッピによれば局面の変化を見極める判断力こそが、この競技の人間の力量を量る基準になり、「だから私は、采配により多くの幅と可能性を見いだせる多様性 を重視した。」とのことである[1]