Hector Cuper

私は刑務所と軍隊が好きだ。

点を取られるのが怖い?取られたら取り返せばいいではないか!

エクトル・ラウル・クーペルHéctor Raul Cúper1955年11 月16日 - )は、ア ルゼンチン・チャバス出身のサッ カー監督

1992 年にウラカンで現役を引退後、そのまま監督に就任。その後ラヌースの監督を務め、育成手腕が評価されて1997年リーガ・エスパニョーラマヨルカの監督に就任。ここでは昇格したてのチームをリーグ5位に押し上げ、続く2年目はリーグ最小失点の堅 い守備の下、FCバルセロナレアル・マドリードに次ぐ3位という好成績を収めた。UEFAカップウィナーズカップでは、準優勝に導いている。

1999 年には同リーグバレンシアの監督に就任し、堅守からサイドを基点としたダイナミックなカウンターアタックを武器にチームを2年連続チャンピオンズリーグ決勝まで導き名将の名を欲しいままにした。

その手腕を見込まれて2001年からは当時低迷していたセリエAインテルの監督に就任し、1年目はリーグ3位、2年目はリーグ2位&チャンピオンズリーグベ スト4とまずまずの結果を残したが、3シーズン目の途中で解任。

その後、再びマヨルカの監督を務め、大久保嘉人らを指導した。2004-2005シーズンは、シーズン前半降格圏に低迷していた古巣から救世主として 迎えられた。一時は残留を絶望視されていたチームを建て直し、終盤は快進撃を続け劇的な残留に成功した。しかし2005-2006シーズンは序盤から下位 に低迷し、監督辞任を発表した。

2007-2008シーズンはベティスの監督を務めていたが、同年12月に成績不振 により解任。2008 年3月か らはドメニコ・ディ・カルロに代わってパルマの監督に就任し、セリエA残留を目指すこととなったが同年5月初旬、成績が思わしくないため、最終節であり以 前指導していたインテル戦を残して解任された。