Guus Hiddink

自己の鍛錬を怠るな、さもなくば人の進歩は止まる。

相手への敬意は重要だが、あまりに畏怖するのはおかしい。

選手交代なしでフォーメーションを変えられることは、現代の試合では重要だ。

交代なしでも変化し、一人交代で3つ目、4つ目のオプションを使えるかどうか。

98年にレアル・マドリードを率いてトヨタカップで優勝した時、会長から「自分の息子をチームに入れて欲しい」という要請があった。

きっぱりと断ると、その後再契約はなかった。

叫ぶことで「頑張っている」と感じるかもしれない。だが、大声を出せば多くのことを忘れてしまう。頑張り方にもバランスが必要だ。

監督の役割は、映画監督の役割と同じ。映画が成功に終われば、役者に花を持たせるものだ。

─オーストラリア代表監督時、プレイオフでウルグアイを破りドイツW杯出場を決めて

ラッキーだったのは確か。しかし運を手繰り寄せるのは、何かを実行しなければならない。実行してこその運。実行したから運がついてきた。

フース・ヒディンク(Guus Hiddink、1946年11 月8日 - )は、オランダヘルダーラント州オウデ・アイセルストレーク出身のサッカー指導 者、元サッカー選手。2010年6月末までロシア代表監督。 同年8月からトルコ代表監督。 日本では「ヒディング」と誤記されることが多い。

韓国でのW杯4位や、欧州の中では決して強豪とはいえないPSVを率いてのUEFAチャンピオンズカップ優勝(87-88シーズン)、UEFAチャンピオンズリーグベスト4進出(04-05シーズン)、オーストラリア代表でのW杯出場権獲得とベスト16進出など、比較的戦力の劣るチームを躍進させた手腕と、オランダ、韓国、オーストラリア、ロシアといった言語も文化も人種も違う国に溶け込みチームをまとめる手腕は「ヒディンク・マジック」と呼ばれ、高く評価された。しかし、リーガ・エスパニョーラでの監督時代(レアル・マドリード、レアル・ベティス)は、目立った成績を残すことはできなかった。特にレアル・ベティス時代は敗戦を重ね、チームは2部に降格、彼も解任の憂き目に会っている。そして最後の仕事として臨んだロシア代表では本大会出場権を逃すこととなった。