Giovanni Trapattoni

イタリアのカルチョはつまらない?お前にはマッカーサーの言葉を送るよ。『戦場においては勝利が唯一の選択である』とね。

私の選手たちには、私の言った通りのことをする自由がある。

監督とは、戦術を考えていればいいというものではない。街の期待に応えなくてはならない。

金を払ってくれる市民のためにも、選手を健全な社会人に育てるべきである。

これまで出会った最高のストッパーは、妻のパオラだ。

ジョバンニ・トラパットーニ(Giovanni Trapattoni、1939年3 月17日 - )は、イタリアクザーノ・ミラニーノ出身の元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。

ヨーロッパサッカー連盟(UEFA)主催の3大タイトル(UEFAチャンピオンズカップUEFAカップUEFAカップウィナーズカップ[1]トヨタカップを制覇した名将。またイタリアドイツポルトガルオーストリアの異なる4ヶ国でリーグ制覇を成し遂げた数少ない人物である。

規律正しいサッカーをチームに実践させ、ドイツでも長年指揮を取ったことからイタリアでは「テデスコ」(Il Tedesco、ドイツ人)と頻繁に呼ばれている。

また、守備を最重要視する監督として知られており、結果は残すが攻撃的なサッカーは滅多に行わない。そのため、確実に勝ち点を稼いでいく堅実的なタイプの監督であるが、同時に彼の率いるクラブからは魅力が感じられない、と批判の対象になることも多い。