私にフットボールのことを忘れるべきだという人たちがいる。たぶん私が呼吸することを忘れるからだろう。(ジェラール・ウリエ)

─心臓の大手術を終え復帰した時の会見

ジェラール・ウリエ OBEGerard Houllier OBE1947年9 月3日 - )は、フランス出身のサッカー監督

現在はフランス・サッカー協会のテクニカルディレクターを務めている。

若手育成に手腕を発揮し、地元開催となったフランスW杯での優勝に貢献。1998年FAプレミアリーグリヴァプールの監督に就任すると、2001年FAカップ、リーグカップ、UEFAカップを制しカップ・トレブルを達成した。 2001年10月、心臓の痛みを訴え緊急入院。一時は生死も危ぶまれたが、11時間の大手術の末一命をとりとめる。4ヶ月間の療養を経て現場に復 帰、その際リヴァプールの本拠地アンフィールドのファンから万雷の拍手で迎えられた。