Fabio Capello

勝つことが私の興味の大部分。残りは哲学であり、ポエムであり、無駄話だ。

監督の仕事はワイン作りに似ている。そのとき手に入るブドウから、最上のワインを作らなくてはならない。

私は誰とも結婚しない。

─どの選手も特別扱いはしない、という意味で

ファビオ・カペッロFabio Capello, 1946年6 月18日 - )は、イタリア共和国サン・カンツィアン・ディゾンツォ出身の元サッカー選手サッカー指導 者。現イングランド代表監督である。

現 役時には、ACミランASローマユヴェントスなどに在籍し、活躍。またイタリア代表としても活躍した。

純粋な競争の激化による選手の質の向上を謳っており、年齢や実績の差を基準とするヒエラルキーを自身のチーム内に置かないことで知られる。厳格な規律を敷き、いわば選手を自身の支配下に置いた 関係・采配を行う、「私のチームで先発を勝ち取る条件とは唯一つ、それは好敵手を圧倒するモチベーション、それ以外にない」と語っている[1]。 このような理由から、久しく新人不在に思われたレアル・マドリードに20歳のフェルナンド・ガゴ、19歳のゴンサロ・イグアイン、18歳のマルセロを呼び寄せ、カンテラ出身の21歳のルベン・デ・ラ・レー、21歳のミゲル・トーレスらを現有戦力に引き上げた実例がある。