Emerson Leao

チラベルト?あんなデブはダメだ。フリーキックがうまい?ゴールキーパーには必要ないだろう。

エメルソン・レオンÉmerson Leão1949年7 月11日 - )は、ブラジル出身の元サッカー選手サッカー指導 者。ポジションはGK

現役時代はGKでブラジル代表の守護神として活躍。4度のワールドカップ出場を経験した。その後1992年に 発足間もない清水エスパルスの2代目監督として来日。ヴェルディ川崎(現・東京ヴェルディ1969)と常にJリーグナビスコカップなどで優勝争いを展開するチームに育てるも、あと一歩のところで優勝を逃し「悲運の名将」とい われた。

ブラジル人サッカー関係者からは相当嫌がられ、「神は人間を創りたもうた。だが悪魔はエメルソン・レオンを創った。」と評されている。過去 には選手との衝突も多く、元ブラジル代表主将のドゥンガは「全く信用できない人物だった。」と語っている。元ブラジル代表のソクラテスも、インタビュー等でレオンの話題が出ると「その名を出すな!!」と、過去の確執か ら嫌悪感をあらわにした。また、清水で好成績を収めたにもかかわらず、試合に出場を希望する選手から金銭を授受していたことなどが問題視され、これが解任 につながった。さらに、戦術面でもロングボール一辺倒で批判が多く、ラモス瑠偉はレオンの清水時代からその戦術を酷評していたが、1996年にヴェルディにレオンの監督就任が決定す ると、その下でプレーする事にあからさまに拒絶反応を示し、前身の読売時代から永きにわたって在籍していたヴェルディから京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)への移籍を決断した(翌1997年に レオンが解任されるとすぐさまヴェルディに復帰)。