Tatsuhiko Kubo

トラップしようか迷ったけど、面倒くさいからシュートした。

勉強がんばってください。

─こどもの日の試合で、「会場に来てくれた少年少女に一言」とコメントを求められ

代表に行くのは、最初は本当に嫌でした。道も分からんし、広島から遠くてめんどくさかったから。話した事もない人ばかりやったし。

蹴ってから、しまったと思うことはあっても、蹴る前に外れそうだなと思うことはない。

お前は身体に良いものを食え。俺はうまいものを食う。

─栄養バランスの取れた食事をするようにうるさく言う妻に対して

ゴールに“パサァ~”って入るのを見るのが好き。

JリーグオフィシャルDVD 2003シーズン年間 ~ゴール!ゴール!ゴール!~
日活 (2004-04-23)
売り上げランキング: 90,731

「日本人離れした」という枕詞のつく、抜群の決定力を誇るセンターフォワード。シュートスピード・射程距離の長さ・驚異的なジャンプ力といった高い 身体能力から、誰も予想出来ないような豪快でアクロバティックなゴールを決めたと思えば、相手の動きを見てコース狙い確実に決める繊細な技術と冷静な判断 も持ち合わせている。[2][1]

派手なプレースタイルとは裏腹に試合中以外は基本的に寡黙・謙虚で、どんな質問でも「よかったです」「嬉しかったです」と答えることが多く、インタ ビュアー泣かせだが、知名度が上昇するにつれその朴訥としたキャラクターも認知され人気の一因となった[3][注 釈 1]