Junichi Inamoto

『サッカーが好き』。単純やけど、それが一番大事。

どこでやろうと僕のサッカーは僕のサッカー。

試合に出ないことでの焦りも不安もありません。練習だからといって、何かを得られないわけではないですから。

─アーセナル在籍時

得点のアシストの前くらいのボールをカットして、パスするのとかを見てくれたらすごくうれしいなと思う。

そういう、陰で頑張っているところを見てほしい。

稲本 潤一(いなもと じゅんいち、1979年9 月18日 - )は、鹿児島県姶良郡湧水町生まれ、大阪府堺市育 ちのサッカー選手。ポジションミッドフィールダー(DH、CH)。Jリーグ川崎フロンターレ所属。

2001 年、以前Jリーグでクラブの監督をしていたアーセン・ベンゲルに見込まれて、イングランドプレミアリーグの強豪チームの一つアーセナルFCに移籍。しかし出場機会は、ほとんど得られなかった。

2002 年日韓W杯代表に選出され、W杯に初出場。ベルギー戦、ロシア戦で得点する。

W杯後、出場機会を求めてプレミアリーグのフラムにレンタル移籍した。この年はW杯での活躍などからバロンドールにノミネートされた(日本人としては中田英寿に次ぎ2人目)。UEFAカップ出場権を争うインタートト・カップのボローニャ戦で、欧州では日本人初のハットトリックを達成。完全移籍目前とも言われたが、2004年の イングランド戦で左足を骨折する重傷を負った事で交渉が決裂し解雇される。その後ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンカーディフ・シティレンタル移籍する。

2006 年6月、ドイツW杯に招集される。第2戦のクロアチア戦の後半に途中出場。第3戦目のブラジル戦、 稲本からの左サイドへのサイドチェンジは玉田圭司のゴールの起点となった。チームは2敗1分でグループリーグ突破はならなかった。2006-07シーズンはトルコ1部リーグガラタサライに移籍。UEFAチャンピオンズリーグの本大会に出場し、2007-08シーズンも残 留する予定であったが、監督退任に伴い退団する。

2007 年5月、同期の高原直泰が当時所属していたドイツブンデスリーガフランクフルトへ2年契約で移籍。