Hidetoshi Nakata

努力や根性ではない。ひとりひとりがマイ・ベストを尽くす。それが勝利につながる。

どうすれば自分が一番楽しいか、一番気持ちいいか。それを自分で考えて、自分で選ぶこと。

しかもそれは、今まではこうだったとか、他の大勢の人から見てこう思われるとか、そういう枠すら取っ払ったもっと自由で自然体なもの。

─サッカーとは何か?の問いに

俺がもしピッチで倒れて寝転んでいたら、それはもう本当に立てない、動けないとき。

痛みなんて、望む結果を得ようとしたら些細なことでしかないから。

どんなことだって、すべては未来への糧になるんだと思っています。

いいこと、よくないこと、成功、失敗、すべてはその人の人生の糧になるんだよね。

プロは練習が嫌いになるくらい練習するのが当たり前。だから僕は練習が嫌い。

後ろに進むためにある道なんてない。そんな道考えたこともない。

マスコミも嫌いだが、それを鵜呑みにする人たちも嫌いだ。

ある意味で一つのことに集中しきらないで、必ず色々なことが見える状況に身を置いておかないと。何をやるにもそうだと思っている。

自分の満足のためだけに試合をやるのはプロじゃない。

見にきている人がどういうものが見たいかを考えて、それを見せるのがプロだと思う。全部を含めてサッカー。

負けないって気持ちでいくと、やっぱり負けることは少ない。

何言ってんだと思われるかもしれないけど、そういう説明が一番あっているんですよね。

サッカーは変化があって初めて面白い。相手の裏をついて、初めて面白かったりするわけだよね。

海外でプレーすること、海外で生活することを特別だと思ったことは一度もなかった。困難があったとしても、それが自分の仕事だから。

「知る」ということは自分の可能性を与えてくれる。「知らない」ということは自分の可能性を狭めている。

中田 英寿(なかた ひでとし、1977年1 月22日 - )は、山梨県甲府市出身の元サッカー選手。元日本代表。愛称はヒデFIFA親善大使。株式会社東ハト執行役員。一般財団法人「TAKE ACTION FOUNDATION」代表理事。観光庁「アドバイザリー・ボード」メンバー。

日本代表のFIFAワールドカップ(以下W杯)3大会連続出場に貢献。FIFA100選。アジア年間最優秀選手賞2回。イタリア政府より爵位(カヴァリエーレ)受章。バロンドール候補に3回選出、FIFA最優秀選手賞候補に4回選出されたのは、アジア人選手で最多。U-17世界選手権(現在のU-17W杯)、ワールドユース(現在のU-20W杯)、U-23オリンピックコンフェデレーションズカップ、W杯、以上のナショナルチーム主要世界大会すべてでゴールをあげた唯一のアジア人選手である。