加茂周

そらぁ、しっかり守らないけませんよ。ハハハ。

─アナウンサーから、相手のFKに対して日本はどう守るべきかと聞かれて

監督の値打ちは結果ですよ。昼寝していても勝てるのであれば、昼寝しているのが正しい。

サッカーの監督というのは、世界一クビが飛ぶのが早い職業です。

仮にも代表チームであるからには、胸を借りるとか、勉強させてもらうとかは、口が裂けても言わない。

いやー、なんていう選手ですか?トラップうまいですねー。

─98年W杯でアレッサンドロ・デル・ピエロを見て

彼のキックにはパンチ力があります。

はやいね、この子。

─解説席からリオネル・メッシを見て

加茂 周(かも しゅう、1939年10月29日 - )は、兵庫県芦屋市出身の元サッカー選手解説者、指導者。元サッカー日本代表監督(1995年 - 1997 年)。

 

兵庫県立芦屋高等学校関西学院大学文学部卒業。ヤンマーサッカー部(現・セレッソ大阪)の選手・コーチを歴任。

1974 年から日産自動車サッカークラブ(現・横浜F・マリノス)に正社員としてではなく、日本人の指導者として初めて実質的なプロ契約監督として就任 し、日本サッカーリーグの常勝軍団にした。またここから木村和司水沼貴史金田喜稔といったスター選手を育て上げ、1985年に一旦監督を退くも翌年復帰、長谷川健太など高校サッカーのスターや元ブラジル代表のオスカーを獲得し1988-1989シーズンではJSL天皇杯JSLカップの三冠を達成した。

1991-92年シーズンに全日空横浜サッカークラブ(後の横浜フリューゲルス1999年横浜マリノスに吸収合併))を指揮。当時としては画期的な戦術だった「ゾーンプレス」を用いて前田治前園真聖アマリージャエドゥーなど個性的な面々を率いて1993年度天皇杯で同チームを初タイトルに導いた。

1995年、パウロ・ロベルト・ファルカンの後任として(紆余曲折の末に)日本代表監督に就任。横浜F時代 同様にゾーンプレスで追い込んで、素早く攻撃に転じるサッカーを浸透させようとした。しかし1997年、フランスW杯アジア地区最終予選のホーム韓国戦を落とし、続くアウェイのカザフスタン戦でも引き分けに終わったことから、直後現地で更迭を余儀なくされコーチの岡田武史が監督に昇格した。

その後、1999年のシーズン当初アルビレックス新潟のアドバイザーに就任。1999年のJ1セカンドステージから京都パープルサンガの監督に就任した。この年に消滅したフリューゲルスの元選手や元日本代表選手を揃え、 一時は好成績を残すものの、2000年ファーストステージで下位に低迷し解任。

2001 年尚美学園大学サッカー部総監督、2003年に は大阪学院大学でもサッカー部総監督を歴任した。2007年か らは母校の関西学院大学サッカー部の監督を務めた。

2008年現在、NHKGAORAFCバイエルン・ミュンヘンTV)でサッカー解説を担当。