Dragan Stojkovic

誰もが想像していない、悲惨で恐ろしい地震であったと思います。

震災により多くの人の命が奪われ、大津波で町が破壊され、流された家屋を見て、私自身もそうであるように、世界中の人々が心を痛めています。

亡くなられた方に、心からお悔やみ申し上げると共に、被災された数多くの方々にお見舞いを申し上げます。

 

日本の皆さんはとても力強く、必ず復興されると強く信じております。

 

私自身も、日本国民の皆様に少しでも勇気と希望が持てるよう、復興に向けた活動に協力したいと考えています。

 

今回大阪で開催されるチャリティーマッチのJリーグ TEAM AS ONE監督に選出いただいたことは、とても名誉なことであり、光栄に思っています。こうした困難な状況の中で、開催を決断することは非常に難しかったと思 いますが、是非ご協力させていただきたいと思います。私自身も含め、サッカーに関わる全ての者が勇気を示し、悲しんでいる人たちを少しでも元気にさせたい と思います。

 

今は悲しく、辛い時期ではあるが、強い気持ちを持ってこの困難を乗り越えていきたい。

私の愛する美しい日本は必ず復活する。共に力を合わせて歩んでゆこう。

 

Everything is difficult, but everything is possible. (全ては困難であるが、全ては可能である。)

 

Never give up ! (決してあきらめない。)

2011年3月29日(火)、大阪長居スタジアムにて開催される「東北地方太平洋沖地震復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン!」における、「Jリーグ TEAM AS ONE」の監督として指揮を執るにあたってコメントを発表した。